◆ドラマ紹介◆平安時代、NHK大河ドラマ、松山ケンイチ

 理不尽な悪評にさらされ続けた、2012年大河ドラマ『平清盛』。

 
NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
松山ケンイチ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-11-21



 主役の平清盛役・松山ケンイチさんもとてもよかった! のですが……

 
 ここでは、山本耕史さん演じる「藤原頼長(ふじわらのよりなが)」に
 スポットを当てて、ドラマを振り返ります。

 というか、頼長を中心に藤原摂関家を見守った軌跡のページです

山本頼長表紙


   各話のタイトルをクリックしてください。
   リンク先は妹ブログ くじょう みやび日録 放送当時の記事です。


  ~頼長登場前

 ☆頼長=山本耕史くん?!
  キャスト発表当時の感想。(個人的に)俄然盛り上がる。
 ☆藤原頼長人気沸騰予告!
 ☆キター!!! 『平清盛』、頼長予告!
  第7回で、次回からの頼長登場が予告される。


  ~頼長名台詞とともにおくる 頼長登場回

 宋銭と内大臣(2/26)
山本頼長1
 ふたりのはみだし者(3/4)
  「いささか気分が悪うござりまする」 (摂関家三人衆)
 義清散る(3/11)
山本頼長3
 宿命の再会(3/25)
  「シュクセイ! シュクセイ!」(鸚鵡、叫ぶ!)
 祇園闘乱事件(4/1) 
  「だれよりもわかり合うておると思うていたが」
 家盛決起(4/8)
  「あの兄さえいなければ……とそう思うて生きてきたはずじゃ」
  まさかの禁断の回!!
 嵐の中の一門(4/15)
  「すべてにおいてしかと結ばれた仲であったゆえ」( ̄ー ̄)ニヤリッ
 さらば父上(4/22)
  さらば朱器台盤回!
 平氏の棟梁(4/29)
 山本頼長2
  誕生、後白河帝(5/6)
  「……もっともじゃ 理にかのうておる」
 鳥羽院の遺言(5/13)
  「ケシカランケシカラン」「そんなに申しておったか?(´▽`)」(ぼっち頼長、鸚鵡と会話)
 ★特別編『保元物語』の頼長と信西
  保元の乱、前夜祭! ということで、予習。
 前夜の決断(5/20)
  「わたしほど国のことを考えて働いてきた者はほかにおらぬというのに」
 保元の乱(5/27)
  「おのれ信西! 何と卑劣な!!」
 勝利の代償(6/3)
  「よき国づくりをするを、見守っておるゆえな」


   ~頼長退場後

 ★番外編 追憶、頼長さま
 ★最終回 保元の乱後の摂関家


   ◆総括

 頼長さま、最高でした~!

 藤原摂関家の描き方にちょっと不満な部分も残るものの、
 そもそもこんなに「藤原氏」が出てくるドラマもありません!
 見事、一般視聴者の混乱を誘いました(笑)

 
 さらに、比較的リアルなお公家さんルックの人たちが多く
 登場していたことも見逃せません。

 若き美形かつ実力派俳優の山本耕史くんが渾身の置き眉&お歯黒
 これからは平安貴族の漫画の描き方も変わる?!
 なんて展開もありかも……

 
 それにしても、頼長さま登場のころは、
  粛清いたします
 がキメ台詞(土方歳三の「待たせたな」的な?)かと思いきや、
 終わってみれば、みんなの心に残る台詞が
  お題は春ぞ!!!」
 ってねえ……(´∀`*)


 『平清盛』、実験的なよい作品だったと思います。
 視聴率の問題があるからむずかしいのだろうけど、
 NHKに視聴率は関係ない、質の良いものをつくればよいのでは?
 と、思うので、またきちんとした大河ドラマに取り組んでほしいです。

 たまには、単発ドラマでじゅうぶんなので、力を入れて
 古代史(と懲りずに藤原氏)をあつかってほしいものです!!!


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ