◆グルメ紹介◆古墳時代、古墳型ケーキ

 昨年秋になりますが、Twitterなどで話題の
 古墳ケーキ
 を食べてきました

 場所は奈良市内の観光地、いわゆる「ならまち」。
 お店の名前は、「ならまち菓子工房 プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~」。
  公式サイト トップページ
 
 古墳ケーキ

 訪れてみるととても小さなお店で、こんな爆発的ヒットはおそらく想定外だったのでしょう、
 けっこうてんやわんやという感じでした。

 なので、この古墳ケーキを食べられる日は限られているのと、
 あと地方発送はしていません
 (後発店で発送している古墳ケーキもあるとか……)

 私は「まちなかバル」という企画で、ドリンク付きセット(800円)にありつけました

 この“元祖”古墳ケーキを食べたい場合は、上記公式サイトで情報を要チェック!!

 ちなみに写真のスプーンは別売りで「発掘スコップ型スプーン」(350円)。

 あっ、写真は小型ケーキですが、オーダーで大型も作れるそうです!


 さて、では肝心のケーキのご紹介。

 古墳ケーキ2

 あまり美しくありませんが(失礼!)断面はこんな感じ。
 
 緑の杜は抹茶スポンジで、中はチョコクリーム、
 周りの円筒埴輪はメレンゲでできていて「やわさくっ」って感じです。

 お味はいたってシンプル。
 カシューナッツやピーカンナッツが「埋蔵品」として紛れ込んでいます。
 (埋蔵品にしては巨大ですが

 遊び心が満載で、さすがは古代史の聖地・奈良ですね

 
 
 こんなお菓子も買いました。

 勾玉クッキー

 「勾玉クッキー」(280円)。
 こちらは常時店頭販売中。甘さ控えめ、素朴なお味で美味しいです。


 こちらがお店の看板です。
 小さいお店なので、お見逃しなきように☆

 古墳ケーキの店


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ