有智子内親王1


  寂々たる幽壮山樹の裏

  仙輿ひとたび降る一池塘

  林に栖(す)む孤鳥春沢を識り

  澗(たに)に隠るる寒花日光を見る
 
  泉声近く報じて初雷響き

  山色高く晴れて暮雨行く

  此より更に知る恩顧の渥(あつ)きを

  生涯何を以てか穹蒼に答へん


 私がひっそりと暮らす木々に囲まれた山荘の
 池の堤へ、天皇の輿が思いがけずもお降りになりました。
 林に栖む孤独な鳥が春の恵みを知り
 谷間に隠れ咲く冬の花が日の光を見るように、
 私にとってもこのうえない光栄になりました。
 泉の流れが耳近く春雷のような響きを立て、
 緑の山頂は高く晴れその麓を夕暮れの雨が降り過ぎる、
 この光景のもと、今日、天皇のお出ましをいただき、
 今更のようにそのご恩のあつさに感謝します。
 ああ、いったい私はどのようにして、
 この大空にも似た厚恩にお応えしたらよいのでしょう!


 
 下平声七陽の押韻(塘、光、行、蒼)。
 第一句踏み落とし。

*************************************************

 前回、「嵯峨天皇、娘へ贈る漢詩」では、
 嵯峨天皇が娘であるこの有智子(うちこ)内親王に贈った漢詩を読みました。

 今回は、天皇が娘へ漢詩を贈る直接のきっかけとなった漢詩です。



 前回と重複しますが、弘仁14年(823)春、
 天皇の行幸のもと、賀茂斎院で花の宴があったそうです。
 そのときに群臣に漢詩を詠むよう、嵯峨天皇から求めがあったのです。
 このころ中国(唐)文化追随時代の只中、漢詩は大流行中でした!

 そのとき並みいる群臣のなか、
 弱冠17歳のうら若き賀茂斎院・有智子内親王が詠み、
 父天皇をうならせたのが上の漢詩だったのです。

 これにより彼女は天皇から漢詩を贈られるとともに、
 すぐさま三品の位を授けられました。


 
 次回(今週末予定)「漢詩」は特別篇として、
 この有智子内親王のお墓ご案内と、その生涯について
 を記してみたいと思います。(下のリンク記事です)

 2015.2.14記事 有智子内親王のこと


 [参考文献]
 森田悌『全現代語訳 続日本後紀(下)』講談社、2010年
 岩佐美代子『内親王ものがたり』岩波書店、2003年

 『日本女流文学史』同文書院、1969年


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ