ほぼ毎日ちょっとずつ更新【日微通信】
 
 壱◆News・雑感編◆

  2015/03/26
 定家らが『新古今和歌集』撰進

 元久2年(1205)3月26日、藤原定家らが『新古今和歌集』を撰進しました。
 新暦に直すと4月16日です。

 『新古今和歌集』の歌風について、最近ちょっと見直しています。

 * *
 百科事典『マイペディア』より

 しんこきんちょう【新古今調】

 (…)充実した生活感の消失の中で過去への憧憬を強める一方、
 時代の終末感に逃避的態度がゆきわたって、
 古典主義的傾向と否定的浪漫主義が貴族の心を占め(…)

 おもな特徴は、生の感情、実感を表出するのではなく、
 古典を媒介にして、和歌の伝統が蓄積してきた詩情の世界に参加する(…)

 * *

 けっこう、現代の二次元文化というか……ひょっとして、「非リア充」……?←

 うん、悪くない。
 てか、けっこう好きかも。

 新古今ちゃん

 で、かつてそれ意識した瞬間、こんなん描いてた。

 新古今ちゃん。
 『新古今和歌集』の擬人化娘。

 新古今ちゃんのキャラ設定
 ○西洋人形のコスプレが好きな日本人少女
 ○美しいが表情がない
 ○ちなみにこの娘、ちょっとひきこもりがちだけど、
  勉強は好きなので成績はよい


 
 

゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆ 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 

日本史 ブログランキングへ