ほぼ毎日ちょっとずつ更新【日微通信】
 
 肆◆お勉強編◆

  2015/03/30
 偏継(へんつぎ)

 平安時代の「遊び」について本日はちょこっと。

 「偏継」という遊びがよく知られています。一種の言語遊戯とされます。

 偏継

 こちらは、京都市中京区にある「京都アスニー 京都市平安京創生館」※という
 施設での展示による、「偏継」です。

 箱に偏と旁のカードが入っていて、自由に組み合わせられるようになっていました。
 写真は、いくつか漢字を作って遊んだところです。


 これは女子の遊びとして知られているのですが、実は実態は不明です。

 漢字の旁にさまざまな偏を次々に継がせ詰まったら負け、もしくは漢字を読めないと負け、
 逆に旁に偏をつけさせるものか?
 まったく異なる説もあり、女子の遊びだから「片継」で、絵の切片をつなぎ合わせる
 パズルのような遊びだとの主張もあるそうです。


 なかなか現代人にとっても、面白いゲームなのではないでしょうか。


 ※京都市平安京創生館
 〒604-8401 京都市中京区丸太町通七本松西入
 京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)1階
 休館日  火曜日(祝日の場合はその翌平日)年末年始・12/28~1/4
 展示時間 10:00~17:00
 入場料  無料
 


 

゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆ 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 

日本史 ブログランキングへ