ほぼ毎日ちょっとずつ更新【日微通信】
 
 参◆書籍・映像編◆

  2015/05/29
 新しい「宇治十帖」小説!!
  ~女たち三百人の裏切りの書

 まーなにこれ

 まったくノーマークでしたが、ものすごく面白そう……

女たち三百人の裏切りの書
古川 日出男
新潮社
2015-04-28


 (帯文句)
 紫式部の怨霊が 本ものの 宇治十帖を 語り出す。


 作者の古川さんの小説は、『アラビアの夜の種族』しか読んだことがありませんが、
 ものすごく壮大な……なんというか、すごいんですよ(笑)←


 上記の『女たち三百人の…』も、いつも読んでいる歴史小説とは、
 たぶんまったくちがうものなのだろう。
 しかし、これは久しぶりに、すぐに読みたい本だ!

 ……と思って、さっそく取り寄せ。
 女たち1

 ……ほかの本は無視してください。(いずれ紹介するかも。)

 でね、この本、帯が素敵! 帯だけ取り出すと、こう。
 女たち2


 広げる。左右が全部写りませんが。
 女たち3


 さらに折り込んであるのを手前へ広げる。
 女たち4


 おお~

 装画は近藤恵介さん。並製、約500頁で、厚い本のわりには手になじみがよい。

 後日、よかったら感想を書きます


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ