保元元年(1156)7月14日、藤原頼長歿す。

 鳥羽法皇の臨終後、左大臣・藤原頼長は、
 崇徳上皇とともに後白河天皇方と戦って敗れます(保元の乱)。
 7月11日の戦で流れ矢に当たりながら奈良まで逃れ、
 そこで重傷に苦しみながら、この日の巳刻(午前10時ごろ)、
 ついに息を引き取ったそうです。37歳。
 新暦では8月1日にあたります。

 宇治から奈良へ逃れていた頼みの父・忠実にも面会を拒まれ、
 母方のおじにあたる千覚律師のいる興福寺の房で亡くなりました。
 興福寺の五十二段(階段)のあたりの木々を、頼長が身を隠した
 とされることから「左府の森」と呼ぶそうです。 ※左府は左大臣で頼長のこと。


 ささやかながら、藤原頼長の祥月命日を前に、頼長まつりミニ

 山本頼長2

 やっぱり、2012年NHK大河ドラマ平清盛』での、山本耕史くんの熱演は、
 頼長を語るにもはやはずせない……

 NHKの視聴者アンケートによれば、キャラクター人気投票の結果は、
 頼長さま14位。ちなみにトップ3は清盛・忠盛・重盛の親子三代。
 12位に信西(阿部サダヲさん)が入っていました。

 加えて各キャラの「印象的な一言」が……なんと頼長さま、
 上のイラストにある「お題は春ぞ」!!

 もっとないんかい、「粛清いたします」とか?!


 来年はもうちょっとマトモなおまつりします


 ☆今年は以下の*リンク集*にて終了☆

  ▶大河ドラマ編: 「平清盛」山本頼長特集
  ▶史実編: 頼長と猫頼長と鸚鵡



 
 

゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ