◆史跡案内◆奈良

 御霊神社と御霊信仰の頁(リンク先に詳細説明あり)でご紹介した御霊神社のうち、
 奈良県奈良市にある御霊神社をご案内します。

 おしゃれな街歩きとして観光客にも人気のエリア「ならまち」にあります。
 フジテレビ系ドラマ『鹿男あをによし』で主人公の玉木宏くんと綾瀬はるかちゃんが
 下宿していたあの素敵な町屋(内装はセット)のあるエリアです☆


 奈良市御霊神社1

 祭神…井上皇后、他戸皇太子、早良親王、藤原大夫人(吉子)、藤原広嗣、
  伊予親王、橘逸勢、文屋宮田麻呂、それに事代主命(えびす様)

 奈良市御霊神社2

 奈良県には、この奈良市のほかに五條市霊安寺町に有名な御霊神社があります。
 付近に分祀される御霊神社の本宮で、祭神は井上皇后、早良親王、他戸親王。

 奈良市の御霊神社も本殿が「井上皇后」と「他戸皇太子」になっています。


 奈良の御霊神社は、井上皇后に縁が深いのです。

 井上皇后(内親王)は、聖武天皇の娘。
 孝謙・称徳女帝の姉ですが、母は光明皇后ではなく勢力の弱い県犬養氏でした。
 称徳女帝が皇太子を定めぬまま亡くなったあと、皇位についたのは、
 井上内親王の夫・白壁王。天智天皇の孫にあたる人物でした。

 ここで皇位が「天武系」から「天智系」へ再度転換したともいわれますが、
 白壁王の妻は天武系聖武天皇の娘である井上内親王、彼女は皇后となりましたし、
 そしてゆくゆくは、彼女の生んだ他戸親王が皇位を継ぐ……と思われていました。

 ところが、(おそらく陰謀により)井上皇后は夫を呪詛したとされ罪を得て、
 「そんな罪人の生んだ人間を天皇にするわけにはいかない」との理由で、
 皇太子であった他戸も廃されてしまいます。

 最終的には、宇智郡の没官宅(現在の奈良県五條市)に母子は幽閉され、
 なんと同日に落命しています! (謀殺としか思えない)
 その結果、他戸親王の異母兄であった山部親王が、将来の「桓武天皇」へ……。


 母子は宇智郡に送られる前、この付近に押し込められていたともいわれています。
 現在はだいぶ縮小されていますが、かつてこのあたり一帯が元興寺だったのです。

 元興寺塔跡

 御霊神社すぐそばに「元興寺塔址」碑があります。


 



゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ