2015/07/30
 真備と仲麻呂

 某ドラマの影響で、吉備真備と藤原仲麻呂かと思われそうですが。
 吉備真備阿倍仲麻呂です

 二人の共通項は、奈良時代の遣唐使
 養老元年(717)、二人はともに入唐しています。

 その後の二人はご存知のとおり。
 真備は玄昉らとともに帰国し政界で活躍し、正二位右大臣。
 仲麻呂は唐で高官にのぼるも帰国できぬまま歿しました。


 二人に関連するエピソードといえば思い出すのが、
 平安時代後期12世紀後半成立の吉備大臣入唐絵巻(ボストン美術館蔵)。
 彼の地で唐人から課される難問に吉備大臣(真備)が不思議な力で
 立ち向かう、というのが絵巻のテーマ。
 なんと唐で生涯を終えた仲麻呂の亡霊が真備のピンチを救ってくれる

 
……って待って。二人は同時代人なんです

 仲麻呂が698年生まれ(異説あり)、真備が695年生まれ(異説あり)で、
 ほぼ同い年、同時に唐に渡っているくらいですし。
 歿年もそれぞれ770年(?)、775年でほぼ同じです。
 亡霊にされちゃった仲麻呂……


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ