壱◆News・雑感編◆

  2015/08/03
 大宝律令撰定


 大宝元年(701)、いわゆる大宝律令が制定されました。

 正史『続日本紀』大宝元年8月3日条に、

  遣三品刑部親王。正三位藤原朝臣不比等。
  從四位下下毛野朝臣古麻呂。從五位下伊吉連博徳。伊余部連馬養撰定律令。
  於是始成。大略以淨御原朝庭爲准正。仍賜祿有差。

 とあり、律令編纂終了に伴う禄が与えられています。

 大宝年間に完成した律令という意味で、現在「大宝律令」と呼ばれています。

 実は大宝令はすでに前年に編纂を終えているようで、
 その功績により禄が支給されていました(6月17日条)。
 日本に律が制定されたのはこのときが初めてですが、おそらく唐律の
 引き写しが多いのではないかとされています。


 日本の律令制のスタートが西暦にすると701年で、ちょうど8世紀の初めに
 あたるという偶然はとても面白いです。(当時の人には何の関係もないですが)

 そしてこの701年という年には、のちの聖武天皇とその皇后となる藤原光明子が
 それぞれ不比等の孫・娘として誕生しているという偶然も、楽しいものです。


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ