平安朝のはじめごろ、嵯峨天皇(在位809-823)の内親王に、
 有智子(うちこ)という名の女性がいました(807-847)。

 彼女は女性ながらに漢詩の上手として名を馳せました。
 文人天皇・嵯峨の娘としてふさわしい気高さと才を持ち合わせたそうです。


 有智子内親王については、以前にその生涯とお墓レポを載せています。
  有智子内親王のこと さらに記事内冒頭のリンクから、『続日本後紀』に
      掲載された、内親王のもっとも有名な漢詩を読むこともできます。

 * * *

 今回の漢詩は、淳和天皇時代の勅撰漢詩集『経国集』より。

 いままで有智子内親王の漢詩を2首みてきました。
 上のリンク内にある『続日本後紀』所載の「春日山荘」、
 そして最初期の作(13、4歳)「奉和製江上落花詞」(『雑言奉和』より)。

 この2首のほか、8首が内親王の漢詩として残っていますが、
 すべて『経国集』からの出典となります。

 有智子3 奉和春日作

   奉和春日作
    公主有智子

 近来風日麗  万物奢春光
 烟軽新艸緑  林暖早花芳
 餘雪落梅院  遊絲垂柳塘
 鴻雁初遵渚  帰飛向朔方

    『経国集』11巻 090


 奉和春日作
  公主有智子
 近来風日麗し  万物春光に奢る
 烟軽くして新草緑に  林暖かくして早花芳し
 余雪梅院に落ち  遊絲柳塘に垂る
 鴻雁初めて渚に遵ひ  帰り飛んで朔方に向かふ


 (嵯峨天皇の漢詩)「春日作」に唱和*奉る作品
  公主**有智子
 このところ気候も麗しく、すべてが春の光に満ち足りているわ!
 霞が軽くかかって新草が緑に、林は暖かくて早く咲いた花が香っています。
 残んの雪が梅園に落ち、陽炎(かげろう)の糸のような細い枝の柳が堤に垂れています。
 鴻雁は初めて渚に集まっている。帰り飛んでいくのね、北へ向かって!
   * 唱和は、一方の詩歌に応じて詩歌をつくること。
   **公主は、中国で皇帝の娘を表す語。



゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ