先日、京都嵐山・時雨殿(百人一首ミュージアム)の常設展示のうち、
 ジオラマ展示<夢舞台>をご紹介しましたが、
 本日は博物館のほぼ全体が“夢舞台”のような風俗博物館の写真です☆彡

 こちらの博物館では、平安貴族の生活や宮廷文化などの様子を、
 主に『源氏物語』などを題材に、ジオラマで再現しています。
 考証がなされた建物や調度、そして人形はたいへん精巧で、素晴らしいです。
 360度ぐるっと精緻で壮大なジオラマ展示になっています。

 京都で平安時代に浸りたいならオススメの施設です。

 昨年(2014年)夏に訪れた展示の模様をいくつか写真あげておきます。
 こちらは基本的に写真撮影自由なので、それも楽しい要素のひとつです

 風俗1
 『源氏物語』より。惟光の娘(のちに妻となる藤典侍)を覗き見し、心惹かれる夕霧。


風俗2
 『源氏物語』より、光源氏晩年の正妻・女三宮の許に忍び込まんとする柏木。
 (戸を開けているのは女三宮に仕える女房)


 風俗3
 あらら……女三宮は、爆睡中 zzz


 風俗4
 五節の舞姫たち。


 風俗5
 これはなんの場面だったかな(汗)


 こんな感じの展示が360度展開ですよ~

 これだけの完成度ですから、展示替えのお休み期間が長いので注意。
 公式ホームページでよく調べてね。

 場所は、京都下京区・西本願寺近くの井筒法衣店の5階にあり、
 知らないとちょっと気づかないかも。
 1階はお店?ですので、脇のエレベーターを使って上がってください。



゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ