ほぼ毎日ちょっとずつ更新【日微通信】
 
 参◆書籍・映像編◆


  2015/10/28
 『書の宇宙11 受容から変容へ 三蹟』



 日本の書道史において、平安初期の嵯峨天皇・空海・橘逸勢を「三筆
 平安中期の小野道風・藤原佐理・藤原行成を「三蹟と呼ぶことは、
 歴史の教科書にも載っています。
 (しかし実は、このメンバーが固定されたのはわりと新しく、江戸時代の
 ことらしいです)

 その「三蹟」に関する書籍を買ってみました!
 (ちなみに未見ですが、同シリーズの10は「伝播から受容へ 三筆」)

 書の宇宙1
 表紙の写真。

 100頁に満たない薄めの本ですが、大型のハードカバー。綺麗です。
 表紙を繰ると、広くとった袖の部分に書が配置され、また美しい!
 書の宇宙2

 表紙の書は藤原行成「白氏詩巻」、袖の書は藤原佐理「離洛帖」。


 書(法)の解説と鑑賞だけの本かと思いきや、目次を見ると……

 書の宇宙3

 書だけにおさまらない、久保田淳先生の漢詩と和歌についての歴史やちがい、
 特に漢詩を和歌に詠みかえる(再現する)際の表現の問題など、
 嚆矢である大江千里(“おおえせんり”じゃないよ“おおえのちさと”だよ)はもちろん、
 藤原公任の例も挙げ、解説されていました!

 「伝公任」「伝行成」の話については、誤植もあるものの、ほぼ歴史的な内容でした


 amazonの紹介を貼っておきます。
 





゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ