◆イベント記録◆2015年 京都・時代や(JIDAIYA ARASHIYAMA)朝服撮影

 時代や2

 平安中期の十二単なども好きですが、実は私が一番好きなのは、
 奈良時代~平安時代初期の髪型や衣裳です


 舞妓変身スタジオとして有名な、京都・嵐山の時代やさん。
 実は奈良時代の朝服の用意もあると知り、急遽、体験してみることにしました。


 ヘア&メイク、スタイリング、スタジオ撮影、2L写真4枚(アルバム型、後日郵送)
 付きで、身支度終えて帰るまで、だいたい1時間30分程度でした。
 こちらのお店ではいくつかのメニュー(舞妓、芸妓、花魁、静御前、新選組などなど)
 があり、お値段は1万円前後です。詳しくは下のお店へのリンクをご覧ください。
 朝服はリニューアルする予定のHPには掲載されるはずですが、現時点では載って
 いないので、隠しメニューです 12,600円でした(2015年11月現在)。

 また、古代史ファンにはうれしい「十二単」も基本メニューにございます
 19,950円。私が訪れたときはキャンペーン中でお安くなっていました。
 (でも私個人はもう十二単はいいかな……と思っていたので悔いなし)


 し、しかし……

 時代や1

 私、カツラは初めて……そしてなんか変……
 自分が似合わないせいもあるんですけどね。

 なんかこう……カツラ、不自然ですよね……?

 モロ時代劇のカツラだからなぁ。花魁とか舞妓さんとかは違和感ない(というか、
 そうでないとむしろ変)のでしょうけど、朝服にはイマイチ……かも 若干コレジャナイ感

 ほんとは根元から分かれた双髻が奈良っぽくて可愛らしくて好きなんですが。
 (しかし双髻は未婚の若い娘さんの髪型らしいので、もう手遅れ←?)

 けれど憧れの花鈿(額の化粧)を施してもらったのはうれしかった


 服に関しては種類が少ないのは仕方ないにしても、比礼(ひれ)がこの一種類しかない
 のはさみしいです!! (私、紫って好きじゃないのよね~。)
 あと筒袖にはもうちょっと長さが欲しいかな。油断するとすぐに手が出てしまう。
 (上の写真でも手がにょっきり出ちゃってる(;´Д`)

 時代や3

 比礼なしで衣裳がよく見えるようにしてみました☆


 まぁ……ちょっと残念な面もありましたが、仕方ないかなぁ。
 お店の人は親切でしたし、写真は4カットの郵送のほかに、手元のカメラでたくさん
 撮ってもらえます☆ ポーズを考えておいたり、また朝服の小道具は翳(さしは、
 2枚目の写真で手に持っている)しかないので、用意しておくのもよいかもしれません。



 ほんとはね……こういう感じがよかったのよね。
 向日市のポスター
 向日市のなにかのポスター(朝堂院公園の案内所にて撮影)

 髪型(これが双髻)の感じとか、服の色とか模様とか……

 次回は上のポスターみたいな綺麗なお姉さんを撮ってきましたので、
 そちらをUPいたします。向日市の催しの様子です。
  長岡京の大極殿衣裳行列

 私の体験写真はお目汚しでした……

 

 しかし、カツラ姿に自信のある人、体験もいいんじゃないかな?!
 あと、花魁や舞妓、十二単はきっと素晴らしいのではないかと思いますよ


 +++時代や JIDAIYA ARASHIYAMA 公式HP+++
 http://jidaiya-kyoto.com/ja/
 

゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ