◆本紹介◆奈良時代、平安時代・永井路子

 永井路子の古代史小説紹介・第一回~短編集『裸足の皇女』後編
 
 裸足の皇女
 ▲初版(文藝春秋・平成元年)表紙

 本日は前編の3作に続く残りの作品をご紹介します。
  ☆前編はこちら
 この短編集は物語の時代順に並んでいて、先の短編に登場した人物が
 後の話で別の顔で活躍したりちらりと姿を見せたりするのも興味深いです。

 前編でも触れましたが、同じ歴史をさまざまな視点で見る面白さがあります。



  恋の奴/黒馬の来る夜/水城相聞/古りにしを

 この4作は大伴坂上郎女を主人公にした連作です。

 10代のころの郎女に恋を教えてくれた穂積皇子との話「恋の奴」から、
 藤原四家の末っ子・藤原麻呂との恋「黒馬の来る夜」、
 異母兄・大伴旅人に従った大宰府行きでのある恋「水城相聞」、
 生涯寄り添ってくれていた異母兄で夫の大伴宿奈麻呂を亡くす「古りにしを」まで、
 時代を追って彼女や周辺人物の歌をみつめながら、その生涯を切り取っています。

 もちろん、そのときどきの時代背景も描かれています。


 若かりし穂積皇子の味わった但馬皇女との恋の印象的なこと、そして夫・宿奈麻呂の
 遺品からあらわれた、思いも寄らぬ女性からの秘められた古い恋文……!
 この最後に登場する“思いも寄らぬ女性”に関してはいくつか説があります。
 


  火の恋

 大伴坂上郎女の連作と同様、『万葉集』に残る歌をヒントに生まれた作品。

 巻十五に相聞歌群の残る、中臣宅守弟上娘子(おとがみのおとめ)という男女。
  ※一般的に(狭野)茅上娘子とされることが多いが、拠った古本のちがい

 男は、『万葉集』の詞書によれば、「蔵部の女嬬狭野茅上娘子を娶る時」流罪になりました。
 二人の結びつきが罪に値したともとれますが、確実な罪状は不明です。
 
 中臣宅守の父は「中臣東人」といいますが、永井さんは、その父の名前がある人物の名前と
 非常に似通っていることから、大胆な発想で物語を展開させます。
 その流罪の影には、かつて都を揺るがした大事件があった……?!

 物語としては、恋を禁じられた女嬬がみせる初めて知った恋への純粋さ、大胆さが眩しい。


  妖壺招福

 この小説は、市井の人々を描いています。
 永井さんご自身の「あとがき」によれば、1987~88年「福岡市の旧福岡城内から
 鴻臚館遺跡が発掘され話題を呼んだ。たまたまかの地に居あわせて、発掘された
 遺物の中のガラス瓶の一部を見たことが、この小説のヒントになっている」そうです。
 このガラス片はペルシャ系のものだとわかったそうです。

 もしかしたら、平安朝初期、最澄らを乗せた遣唐使船に関わるものかもしれない
 と、想像をふくらませて書かれた作品です。
 遣唐使船に乗り込む一般庶民のたくましさが楽しい、裏側から見た遣唐使!


 

 ☆永井路子『裸足の皇女』前編

 古代史作品年表・永井路子本棚へ



゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ