2016/04/04
 伴大納言絵巻公開~東京・出光美術館

 東京丸の内の出光美術館にて、国宝「伴大納言絵巻が展示されます

 今週末の4月9日(土)スタート、5月8日(日)まで。一般当日券1000円。
 出光美術館は、2016年の春に開館50周年を迎えるとのことで、
 国宝・重文作品を中心に三部構成で優品を一挙公開するそうです。

 国宝「伴大納言絵巻」は、応天門の変を題材にした絵巻で、平安院政期の
 後白河法皇周辺で制作されたといわれています。
 日本四大絵巻のひとつに数えられる名品です。

 東京出光美術館では、<美の祝典>展Ⅰ~Ⅲにて、この国宝絵巻を
 上巻・中巻・下巻の順に公開。Ⅰが上記期間で、テーマは「やまと絵の四季」。


 応天門の変といえば、主役(?)はこの方、伴善男
 伴善男
 ▲灰原薬『応天の門』(新潮社)より


 Ⅰ~Ⅲの三期間にすべて行けるかどうかわかりませんが、
 とりあえずⅠは行くつもりでおります。
 絵巻の上巻には炎上する応天門や、清和天皇に奏上する藤原良房の姿
 などが描かれています。

 伴大納言絵巻ポスター
 ▲展覧会ポスター 都内某駅構内
 
 
 
 詳しくは公式サイトへ。
 出光美術館(東京・丸の内)
  

 

゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ