◆エッセイ漫画紹介◆平安時代、小迎裕美子

 以前、「定子&清少納言は永遠に!」の記事でも触れました、女性雑誌などで
 よく見かけるこの絵柄、小迎裕美子さんによるエッセイ漫画2冊を並べてみました。

 ナゴン対シキブ
 左が2014年刊行の『本日もいとをかし!! 枕草子』
 右が2015年刊行の『人生はあはれなり… 紫式部日記』
 (いずれも小迎裕美子、監修・赤間恵都子、発行KADOKAWA)


 どう 表紙からしてこの対比

 正直、雑誌などでお見かけしていたときは、あまり上品とは言い難い作風が
 好きではなかったのですが……このエッセイ漫画は面白かった


 具体的な内容の漫画化を中心に、豆知識的な部分や作品の背景なども、
 漫画&エッセイで綴られて短時間で面白く読めます。いずれも約200頁で、
 すべての内容ではなく、作者が面白いと思ったポイントに絞られています。

 監修の先生のやさしいコラムも時折はさまれています。
 すべてではないものの原文も掲載されているので、漫画と対照できるのもいい。
 あと、紫式部日記のほうは、源氏物語の内容に関する漫画もあってお得感!!



 枕草子のほうでは、この下品な作風が清少納言のおしゃべりにぴったりだ
 と思いましたが、紫式部日記のほうも、意外に合ってるんだよね~
 この漫画で紫式部を表したジイシキとプライドがメランコリックというフレーズが
 ありましたが、こういうドツボ感がね……。


 後発の紫式部編の最大の特色は、やはり先行の清少納言編があるだけに、
 紫式部と清少納言の比較論、とくに紫式部から見た清少納言の話が盛り込まれている
 ところではないでしょうか。もちろん難しいおはなしじゃないのよ。

 例えば、あとがきで……

   容姿にコンプレックスがありつつも、「でも、口元と歯並び、アゴのラインは美点よ」と
   あくまでポジティブなナゴンと、謙虚が度を越しすぎて卑屈になってるめんどくさい系、
   好物はイワシのシキブ。
   どちらも自分の中にいる気がします。 [180頁]

 うん、そうなんですよね、このエッセイ漫画は、清少納言も紫式部も自分だ
 読者が思ってしまいそうな、現代の私たちが親近感をもつような描き方。


 シキブとナゴン、あなたは「どっち派

 関連記事:定子&清少納言は永遠に!(後編)
    ※『本日もいとをかし!! 枕草子』の感想あり

 
本日もいとをかし!! 枕草子
小迎 裕美子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-04-18

 
人生はあはれなり… 紫式部日記
小迎 裕美子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-03-27


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ