◆テレビ番組紹介◆平安時代、BS-TBS(2016) 

 藤原道長 大出世の謎」の放送内容


 藤原氏の歴史と藤原氏ゆかりの京都の神社めぐり

 本放送から10日以上経ちましたので内容の要点をUPします☆

 藤原道長「大出世の謎」を紀行番組でどう追うのか、と思いきや、簡単にまとめると
 道長にいたる藤原氏の出世の歴史と、道長個人の出世を後押しした女性たちについて、
 京都の藤原氏ゆかりの神社――氏神春日の神を勧請している京都のふたつの神社、
 吉田神社・大原野神社――をたずねつつ紹介する、といった内容でした。

 1:吉田神社

 まずは平安京の鬼門に位置する、春日神を祀る吉田神社をたずねます。
 現在の京都大学の近くにあり、広い敷地を持つ神社です。

 春日神社(大社)は、奈良時代に奈良に創建された藤原氏の氏神を祀る神社。
 平安京から奈良は遠く不便でしたから、貞観元年(859)、京へ勧請したのです。

 ここでのテーマがズバリ!
 藤原氏!
 (上画像は番組より) テーマ「藤原氏」です!

 ああ、この図柄素敵すぎる……携帯の待ち受けにしたいっ


 藤原氏は大化の改新で活躍した中臣鎌足の中臣氏から始まっていること
 (ここで高島さん、わざとらしく「ああ、中臣鎌足!」とかイイ反応してたけど、
 NHKドラマ『大化の改新』で皇極天皇演ってたよね、笑)、
 その藤原氏は四家に分かれ、そのうち摂政関白の座を占めるようになる
 藤原北家が道長の血筋へつながること……などが明かされます。

 道長もつとめた藤原氏長者が管理する、藤原氏の神社仏閣、その重要な一つが
 この吉田神社というわけ。道長の祖先にあたる藤原山蔭(山陰)が創建しました。

 ※番組では簡単に道長の祖先と言っていますが、山蔭は魚名流の公卿で
 父方の直系の祖先ではありません。ただ道長の母時姫が山蔭の孫です。
 



 2:大原野神社

 次に、道長個人の話に焦点が当たります。
 洛西・大原野神社へ。平安京の前の都・長岡京の近くにあり、延暦3年(784)、
 長岡京遷都に際し桓武天皇皇后・藤原乙牟漏により春日神が勧請されました。

 藤原氏の女子のための神社とされ、皇后・中宮になれるよう祈願するんですよね。

 ここでは、「一条天皇行幸図」を見せてもらいます。
 天皇である一条が、藤原氏ゆかりの大原野神社に行幸したということです。
 天皇の母は藤原詮子、道長の同母姉で息子に弟を強力に推薦し、地位を押し上げました。
 道長の娘・藤原彰子は天皇に入内、やがて皇子を生み、道長は天皇の外祖父となるのです。
 天皇の関心を彰子に寄せるため、教養を駆使して尽力したのが女房の紫式部です!

 権力を握っていた藤原北家の出とはいえ五男坊であった道長個人の出世には、
 兄たちが病没した偶然に加え、この三人の女性たちのバックアップが大きかった
 というお話でした。 

 

 金峯山に埋められた道長の経筒

 
 番組の冒頭、道長が自筆の経を納めた経筒を金峯山に詣で埋めた話があり、
 まだ塗られた金も鮮やかに残るその経筒を、京都国立博物館に見に行きました。

 道長の信仰を示す遺物ですが、願いを叶えた道長の強運も印象づける映像でした。

 それにしても、道長の詣でた「金峯山(きんぷせん)」は、現在の奈良の吉野の奥、
 大峰山山上ヶ岳の頂上なのです。険しく登山靴など発達した現在でも大変な道のりと
 聞きますが、いったいどうやって登ったのか……。道長の執念を私は思います。



 さて、番組は道長がいかに気配りの人で平和主義者だったか……
 みたいななぜか道長讃美で締めくくられていましたが、ちょっとこれはどうなのか


 現在(5/11)のところ再放送は未定ですが、いずれあるのではないでしょうか。
 ☆6/3 に再放送が決定しました(BS-TBS 夜10時~)☆
 


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけると とても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブ

ログ村 歴史ブログへ
にほんブ ログ村

日本史 ブログランキングへ