◆史跡案内◆奈良

 神主さんの案内でゆく春日大社参道


 期間限定! ガイドブックには載らない観光です!


 春日大社では現在(2016年4月~9月)期間限定で、神主さんが案内する
 朝の春日大社参拝企画が行われていますので、さっそく参加してみました☆



 早朝6:30、一之鳥居前に集合

 毎土日・祝日の朝に実施されており、予約などは必要ありません。
 一之鳥居までは近鉄奈良駅からさほど距離はないので安心です。

 春日1


 御朱印を集めている方は、ここで御朱印帖を預けると、本殿前での解散時に
 渡してくれるという素晴らしいシステムになっていました 

 予定はだいたい1時間とのことでしたが、私が参加した日は少々オーバー。
 集合は繁華街に近い一之鳥居ですが解散は春日大社の本殿前なので、
 時間を少し多めに見ておいたほうが無難(もちろん、途中で抜けてもOK)。



 知られざるスポットを知り、秘話を聞く

 鳥居から出発し、時折立ち止まりながら説明を聞きます。
 この日の参加者は20人程度でしょうか。朝で周りは静かですし、声が聞こえづらい
 ことはないと思います。ゆっくり立ち止まるので、写真も落ち着いて撮れますよ。

 神主さん(この日いらしてたのは宮司さんと仰っていたような)のお話は
 ここでは明かさず、撮った写真の一部をご紹介。

 春日2

 春日3

 曇天の早朝でしたので、あまりよい写真が撮れず、少なめです。

 写真の解説ではありませんが、お話で特に印象に残ったのは(感想)、
  ○能楽が好きな人は興味深いだろうな。
  ○春日若宮おん祭の話が多かったな。
  ○神鹿(野生の鹿である)や周辺の生態系の話は特に面白かったな。
   (先日NHKの『歴史秘話ヒストリア』で放送した鹿の話とはまたちがう)
  ○たくさんの寄進の石灯籠のなかに、一つだけ蛇の模様のものがある!
 あたりでしょうか……



 本殿前へ到着、遷宮中のため斜めを向いての参拝

 お話を伺いつつまっすぐ歩いて、二之鳥居。

 春日4
 写真では伝えきれませんが、薄日が差してとても美しかった!

 春日5
 本殿へまっすぐ登る道の左にある道(剣先道)は、かつての藤原氏専用通路
 (現在はみな通れます、けれど真ん中の剣先の部分を踏んではいけません。
 NHK『ブラタモリ』奈良編で見ました!)


 本殿へは入らず、外から神主さんの指導に従って参拝して、解散。
 いまは遷宮の途中なので、仮宮に神さまはいらっしゃる……とのことで、
 正面ではなくて斜めを向いての参拝でした。今しかできないレア体験


 レアといえば、今しかない鹿みくじの“陶器白鹿バージョン”もオススメです
  気になる方は過去記事へ (春日大社グッズ)



 必見、春日大社の藤

 ゴールデンウィークの時期に奈良に行けるとなれば、春日大社の藤が見ごろだと
 聞くので、実は楽しみの一つでした。

 ただ、今年はすべての花が一週間くらい早いとの話もあり、最盛ではなかったかな?

 春日藤3

 春日藤1

 春日藤2

 春日藤4

 それでも、朱塗りの建物に藤棚の紫、とても映えますね。吊灯籠も風情を添えます。
 なんといっても、藤原氏の藤ですからね……!

 藤原氏!
 (イメージ画像、BS-TBS『高島礼子 日本の古都』「藤原道長大出世の謎」より拝借)



゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ