◆史跡案内◆三重

 伊勢神宮に仕える皇女の“幻の宮”


 史跡公園「さいくう平安の杜」も完成、さらに充実


 天皇に代わり伊勢に赴き祈りをささげた皇族女性(内親王・女王)、斎王。
 その宮殿は、長らく“幻の宮”として伝承されるのみでしたが、近年の発掘調査により、
 平城宮をモデルにした広大な官衙であったことがわかっています。
 (碁盤の目状の区画「方格地割」がみられます)

 「斎宮跡」に指定(1979年)されているのは、伊勢市と松阪市のほぼ中央に位置する
 多気郡明和町の中心部。伊勢内宮へは15km、外宮へは10kmほどあります。
 
 広さは東西2km・南北700mで、我が国屈指の規模を持つ史跡だそうです。
 ここには斎王が神に仕えて留まるほかに、「斎宮寮」という巨大な組織(建物約100棟)
 が存在し、多い時で500人以上が暮らしていたと想定されています。


 2017斎宮1

 

 斎宮歴史博物館、いつきのみや歴史体験館、
 加えて「さいくう平安の杜」もOPEN!

 斎宮跡の最寄り駅は、近鉄山田線「斎宮」駅。
 あ、「斎宮」は「さいぐう」ではなく「さいくう」と濁らず読みます!
 伊勢の「内宮」も「ないくう」、「外宮」も「げくう」です。
 近鉄山田線「伊勢市」からも「松阪」からも約15分で到着しますが、本数の少ない
 普通列車しか止まりませんので訪問の際は時刻表をチェックしたほうがいいかも。
 ちなみに改札に人がいません(無人駅?)が、ICカードは使えます。

 以前からあった「斎宮歴史博物館」「いつきのみや歴史体験館」の紹介は
 2015年の記事に譲りまして、新しい施設「さいくう平安の杜」をご紹介します。

  ★2015年の記事史跡・斎宮跡周辺


 「さいくう平安の杜」は、発掘結果から推測される9世紀初めころの最盛期の斎宮の
 姿を一部復元しています。中心となる3つの建物は斎宮寮庁の正殿・西脇殿・東脇殿。
 3棟へいたる、駅のそばから延びる南側の方格地割の区画道路も当時の広さです。

 2017斎宮2
 復元道路は幅約15m。

 2017斎宮3
 道路の先に復元建物が見えてきました。

 2017斎宮4
 広くて写真に収まっていませんが、3棟の建つ広場。正面の建物が正殿。

 2017斎宮6

 2017斎宮7
 正殿の内部。こちらは外観のみの見学となっています。

 寮庁の中心的な建物で、檜皮葺・入母屋造の屋根、約1.5mの高床。
 広場で行われた儀式では斎宮寮長官が出座したと考えられています。

 2017斎宮8
 東脇殿。柱が太く、土間床、長辺方向の壁はなかったと考えられています。
 儀式に先立ち役人たちが待機・準備するための建物か。

 2017斎宮9
 東脇殿よりのぞむ正殿(直角の方向・右)、西脇殿。

 ここは現在、休憩所のような感じでベンチがあります。

 2017斎宮10
 西脇殿内部の天井。

 寮庁で最も広い建物。檜皮葺・切妻造の屋根、板葺の庇を持つ広縁。
 屋内での儀式や饗宴に用いられたと推定されています。

 ここは靴を脱いで上がる施設になっています。クーラー効いてました!
 ガイドさんが常駐しているようで、展示や映像放送もあります。

 また、私は借りなかったのですが、西脇殿ではタブレットを借りてVRを楽しむことも
 できたみたいです。(期間限定かもしれません)
 有料でもいいから、個人のスマホ・タブレットで利用できるようにしてくれたらいいのに。
 「斎宮ガイドアプリ」は個人でダウンロード・利用できるみたいですが、VRはなさそう?
 (このあたりのVRやアプリ情報、不確実でスミマセン)

 建物について詳しくは現地の説明板をご参照ください。(クリックで拡大)
 2017斎宮5

 



 以前からあった「10分の1 史跡全体模型」では斎宮全体の姿を再現しています。
 (斎宮跡歴史ロマン広場。建物は一部しかありません、また色がついていない白い
 建物は、まだ発掘されておらず推定だそうです)
 2017斎宮11
 1/10は結構大きく見ごたえがあります。実物大の復元建物と、ミニチュアの全体像と、
 それぞれに楽しいと思います
 



 「歴史の道」の歌碑~「斎王の森」~竹神社:散策編

 「さいくう平安の杜」や「いつきのみや歴史体験館」は駅からすぐそばですが、
 もう少し周辺をご紹介したいと思います。


 以下、私の歩いたコースを参考までに……

 斎宮散歩ルート
 ▲google地図にて作成、さいくう平安の杜を除き歩いた概ねのルート(クリックで拡大)


 いつきのみや歴史体験館のすぐ前が「1/10模型」で、見学しながら歩いていると、
 「古代伊勢道」(ここも整備されている広い道です)へ出るので、そのまま進むと
 奥に斎宮歴史博物館(上地図内左上矢印の先)のある公園にぶつかります。
 (見学しながら歩いたのでわかりませんが、博物館まで徒歩15~20分くらい?)

 2017斎宮12
 ▲古代伊勢道。広い! 車両通り抜け禁止のため、真ん中を歩いてもOK

 博物館を見終えたら、今度はそこから駅方面(東)へ向かう大通りを歩きます。
 ここが「歴史の道」です。斎宮ゆかりの歌碑(24首・12本の歌碑)が立ち並ぶ道です。
 博物館から歩き始めると後ろの24番からとなっていました。

 2017斎宮13
 24番は、最後の斎王・祥子内親王の歌。裏の23番も祥子内親王。

 2017斎宮14
 1番は、史実上最初の斎王とされる大伯皇女。裏の2番も大伯皇女。


 1番の歌碑を過ぎたところで、右側に曲がりますと、いつきのみや歴史体験館や
 斎宮駅の横に出る道になります。その途中に、“斎王の森”と伝承されていた地が、
 小さな「史跡公園」として残されています。

 2017斎宮17
 立派な施設よりもこぢんまりとして静かで、趣の感じられる場所でした。

 2017斎宮15
 杉の木でできた黒木の鳥居。

 2017斎宮16
 碑は戦後に初の女性神宮祭主となった北白川房子さま(明治天皇皇女、
 北白川成久王妃)の筆によります。



 歴史館・駅方面へさらに戻り行き過ぎて踏切を越えますと、竹神社が近づきます。
 ちょうど「さいくう平安の杜」のすぐ南側にあたりますが、この竹神社の位置する場所は、
 斎王の暮らす「内院」に含まれたと推定されており、その中でも生活の場ではなく
 儀式を行う区画であったと想定されているそうです(牛葉東地区)。
 神社境内を囲むように大型の柵列が発掘されており、特別な意味を持つのでしょうか。

 2017斎宮18
 ▲竹神社



 さらに斎宮の南端・八脚門まで足を延ばす

 竹神社から少し南へ進みますと、田畑の広がる区域に入ります。
 その脇の道をずんずん西へ戻るように歩いていくと……

 見えてきます! 斎宮の中央南端に置かれた「八脚門」の発見された跡!
 (上地図内★印付近です)

 2017斎宮19


 方格地割に伴うものでは、発掘調査で見つかっている唯一の門跡で、格式高い。

 詳しくは写真の中央上部あたりに小さく写り込んでいる白い説明板をご覧ください。

 2017斎宮20
 ▲現地の説明板

 2017斎宮21
 ▲1/10模型で再現された「八脚門」当時の姿。

 ここが広大な斎宮の最南端! と思うと、往時とはだいぶ景色は違っても、
 「斎宮」を実感できる気がしました。


 このあと、ほぼ真北へ戻れば、斎宮駅です。
 お疲れさまでした☆

 2017斎宮22
 (適当な時間に戻ったので、結構電車待たされました)

 【参考文献】
 駒田利治『シリーズ「遺跡を学ぶ」058 伊勢神宮に仕える皇女 斎宮跡』新泉社、2009年
 パンフレット「さいくう平安の杜」「斎宮今昔」「伊勢の入口 斎王の都明和町」




 

 ★さいくう平安の杜★9:30~17:00(2~11月~16:00)/入園無料/月・年末年始休


゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ