斎宮女御(徽子女王)の一筆箋


 三重県「いつきのみや歴史体験館」にて購入


 今日は素敵な一筆箋をご紹介

 斎宮女御一筆箋1


 「斎宮女御」(さいくうにょうご)とは?

 未婚の内親王または女王がつとめた斎王。
 彼女たちの中にはつとめを終えて帰京後、後宮に入内した者たちもいました。

 そのひとり、村上天皇の女御となったのが徽子(きし/よしこ)女王

 醍醐天皇皇子・重明親王の第1女王。8歳のときに伊勢斎王に卜定され、
 帰京後の20歳で父の異母弟にあたる村上天皇のもとへ入っています。
 第4皇女・規子内親王をあげました。

 長じて規子内親王も、伊勢の斎王に選ばれます。母娘二代の斎王です。

 なんとそれだけでなく、徽子は娘に付き従いともに伊勢に下向したのです。
 時の円融天皇は(村上天皇はすでに崩御)先例のないこととして止めましたが、
 徽子は承諾を得ないまま決行、追認されました。
 のちに成立する『源氏物語』六条御息所のモデルの一人といわれています。


 徽子は和歌と琴にすぐれ、歌合も主催して、村上天皇の文雅の御代を彩りました。
 天皇との相聞歌を含む優れた歌を残し、三十六歌仙にも数えられています。
 入内した斎王はほかにもいましたが、「斎宮女御といえばこの方です。


 気になる一筆箋の中身!

 この絵は海北友竹画<三十六歌仙図屏風>より「斎宮女御」。
 題字は伊勢物語の写本からだそうです。(いずれも斎宮歴史博物館蔵)
 制作は(公財)国史跡斎宮跡保存協会。

 私は三重県明和町、斎宮跡の「いつきのみや歴史体験館」の売店で買いました。
 確か300円台だったと思います(←不確実でスミマセン)。

 中身はこんな感じでオールカラー 文字を書くところは料紙風のデザインですね
 斎宮女御一筆箋2



 ところでこの絵の構図、以前東京国立博物館の歌仙絵特集で見たのと同じだ。

 歌仙絵斎宮女御2
 ▲女房三十六歌仙絵(模本)/江戸時代・19世紀

 式子内親王や斎宮女御(徽子女王)のような皇族は、
 その高貴さゆえに顔をはっきりと描かれないことがお約束です。

 
゚・:,。゚・:,。★ ↓↓↓ 古代史推進のために! クリックしていただけるととても嬉しいです゚・:,。゚・:,。☆
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ